20代ハーフ美女とエロイプして実際会えた話

私は、中年のオヤジです。
昨晩、20代の美女、そして、オーストラリアとのハーフとエロイプしました。
エロイプの前に現れたのは、キッチンで、裸エプロン姿で料理をする女でした。
僕の方に振り返っては、谷間を見せつけ、投げキッスをしてきました。
僕のあそこは、ビンビンになっていきました。
彼女は、谷間に、野菜を入れたりして、僕に見せてきました。
カレー作ってるよ。
人参好き?僕は、うん。
好き。
と答え、君は?と尋ねました。
私も。
と言って、この太くて、長いのが特にね。
といやらしい表情で僕を見つめてきました。
そして、人参もすきだけど、もっと、もっと好きなのあるの。
と僕を見つめてきました。
私の身体にはないものなんだ。
でも、あなたは持っているわ。
とこれまたいやらしく言ってきました。
そして、もう、野菜切って、お鍋に入れたから、しばらく待つ時間なの。
何をしましょうか?と近くにあった大きなキッチンテーブルの上に彼女が長い脚を絡ませ囁きました。
見たい?と一言。
僕がうなづくと、裸エプロンを取りさりました。
豊満なおっぱいが現れました。
そして、タイマーがなり、エロイプはさようならの時間です。
後、驚きの言葉が彼女から出ました。
私に会いたい?優しくしてくれる?彼女とホテルで実際に会い、彼女とエロいこと存分にしました。
彼女はハーフで、脚や手が長く美しいのです。
そして豊満なおっぱいに僕の顔面が包まれて、気持ちよくてしかたありませんでした。